アパレル、ファッション販売の募集、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録
TOSHOブログ
content_bg

アパレル店員に聞いた 休憩時間の過ごし方

休憩

こんにちは! アパレル、スイーツ販売のお仕事をご紹介している東商のブログ担当です!

 

アパレルショップではシフト勤務となり、早番・中番・遅番のそれぞれに休憩時間が含まれています。

休憩時間の長さやタイミングはメーカーや所属する商業施設により異なり、休憩の過ごし方も人それぞれです。

 

今回はショップ店員の意見をもとに、アパレル販売員は休憩時間をどのようにして過ごしているのかを解説したいと思います。

 

昼休憩は食事がメイン

アパレルショップでは、早番~中番~遅番と出勤時間が早いスタッフから順次昼休憩に入ります。

昼休憩は60分とするところが多く、ほとんどのスタッフはその時間を昼食にあてています。

 

各商業施設では従業員用の休憩室が設けられているため、持参または購入したお弁当をそのスペースで食べることができます。

また、百貨店勤務の場合は従業員食堂で昼食を済ませることも可能です。

スタッフによっては、近隣のファストフード店やカフェで食事をするケースもあります。

 

このように、昼休憩は昼食を摂り、残りの時間は体を休めたり化粧直しをしてからお店に戻ります。

 

夕方休憩の過ごし方は多種多様!

昼休憩は食事を摂ることがメインとなりますが、昼食を早めに済ませたときや夕方休憩の過ごし方はスタッフによってさまざま!

 

このあとは、夕方休憩の過ごし方をご紹介しましょう。

 

スタッフとの雑談を楽しむ

昼休憩での昼食後や夕方休憩では、後輩や先輩スタッフ、近隣ショップのスタッフたちと雑談をして過ごすケースがもっとも多いかもしれません。

 

商業施設によっては休憩室にテレビを設置しているところもあるため、ワイドショーを観ながらアレコレと意見を言い合ったり、好きなタレントの話で盛り上がっているシーンもよく目にします。

 

音楽を聴いたり雑誌を見て過ごす

ひとりで休憩に入ったときは、好きな音楽を聴いて過ごしたりファッション誌を読んだりしていることが多くなります。

 

雑誌は各お店で購入しているものを休憩室で読んだり、商業施設によってはさまざまなファッション誌を休憩室に設置しているところもあり、休憩室内であれば自由に見ることができます。

 

気になっていたお店を見に行く

同じ商業施設内や近隣のアパレルショップ、コスメ売り場などに足を運びショッピングを楽しむこともあります。

 

立ち仕事をしているアパレル販売員は休憩中くらい座って過ごしたいのでは?と思う人も多いかと思いますが、『休憩中こそ買いもののチャンス!』とばかりに、気になっているお店や好きなショップに行くというスタッフが意外にも多いのです。

ファッションやあらゆる情報に敏感な人ほど、いろいろなお店に行きたくなるようです。

 

スイーツを買ってから休憩室へ

女性スタッフの多くは、夕方休憩には好きなスイーツを買ってから休憩室に行くのが習慣になっていることも。

やはり立ち仕事は体が疲れることもあり、甘いものが食べたくなるのですね。

 

スタッフによっては、近くに新しいスイーツショップができると必ず行くようにしているとのこと。

話題のお店を知っておくと、スイーツ好きなお客さまとの会話が盛り上がるなど、接客においてもメリットがあるようです。

 

用事を済ませる

休憩時間には銀行や郵便局に行き、お金をおろしたり振り込みをしたりといったちょっとした用事を済ませることもできます。

 

「休みの日は銀行やATMに行くのがめんどう」・「自宅の近くにATMがないのでわざわざ行くのが大変」というスタッフは、出勤日の休憩時間を利用しています。

 

とにかく寝る!

ひとりで休憩に入ったときはとくに、『ギリギリまで寝て過ごす!』というスタッフがたくさんいます。

 

昼食後や夕方休憩では、テーブルの上に伏せて仮眠している姿を多く目にします。

また、商業施設によっては靴を脱いで上がれる座敷タイプの休憩スペースを設けているところもあるため、このような場所では足を伸ばして仮眠することも可能です。

テーブルに顔を伏せて寝ていたスタッフが店に戻ると、お店のスタッフに「寝ていたんだね」と言われたので鏡を見ると、寝ているときの跡が顔に付いたままだった!というエピソードもあります。

 

SNSのチェック

ラインやフェイスブック、インスタグラムといったSNSは、休憩中に必ずチェックしています。

 

ラインやメッセージを確認して返信したり、家族や友人からの着信があったときはかけ直すなど、スタッフのほとんどがなんらかの理由でスマホを手にしています。

ひとりで過ごしているスタッフのなかには、ゲームに熱中している姿も。

 

 

休憩時間は有効的に使いましょう!

休憩時間の過ごし方は人によってさまざまですが、お店のスタッフが一緒のときは雑談を楽しみながらコミュニケーションを深めるのが理想的。

 

仕事中はゆっくりと会話をするタイミングはなかなかありませんが、休憩時間内であればいろいろな話ができます。

ファッション談議や恋バナに花を咲かせるなど、お店の中での会話とは違う話題で盛り上がるのも楽しいですよ♪

販売のお仕事を当社でご紹介します!

首都圏でアパレルや食品販売のお仕事をやりたいと思ったら東商にご登録ください。

たとえば・・

「やりたい仕事がわからない」

「未経験だから不安」

「主婦(夫)でもできる仕事はある?」

「50代だけど働けるかしら?」


そんなご心配も大丈夫!

当社ではパートやアルバイトでお仕事をお探しの方や、販売未経験の方にも多数のお仕事をご紹介しています。

若い方からご年輩の方のお仕事までご紹介できるのは東商だけです。

ぜひお気軽にご登録ください!

WEB登録

WEB登録

接客販売のお仕事をご紹介!

2019年8月29日
content_bottom
WEB登録
ページの先頭へ