アパレル、食品販売のマネキン紹介所、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録

アパレル・食品業界の歩き方

アパレル・食品業界の歩き方

content_bg

仕事術

  • 目上の方に対する接客が苦手です。それでも店員になれますか?

    現在、アパレルとは関係のない職種で働いています。 しかし、元々服が好きなのでアパレルへの転職を考えているところです。 アパレルのお仕事はとても魅力的なのでやる気もありますが、一つ心配なことがあります。 私は、目上の方とお話しすることが苦手なので、これまで接客業は避けてきました。今でもお話しするとなると、すぐに緊張してしまい、スムーズに言葉が出てきません。 こんな私でもアパレルの仕事をこなすことはできるでしょうか?何か克服法があれば教えてください。

  • 「苦手」と思い込まず、あまり気負わずに接客してみてください

    接客という仕事上、アパレルでは目上の方と接する機会も多いでしょう。 これは避けては通れない道です。 しかし、同じような仕事をしている人の中にも、目上の方とお話しするのが苦手だった人はいるはずです。 誰もが最初から完璧に対応できるわけではないので、あまり不安に思わなくて大丈夫かと思います。 お客様に接客する時は、落ち着いて対応するように心がけてみましょう。 気持ちを落ち着かせて、言葉をゆっくり喋るように意識するだけでも丁寧な接客ができます。 人は焦ってしまうと、知らず知らずのうちに早口になる傾向があります。 そうなってしまってはお客様に言葉が十分に伝わらない上に、「落ち着かない店員」という良くない印象を与えてしまいます。 接客は、何度も何度も経験するうちに上手になってくるものです。 「丁寧な接客」を念頭に置いていれば、そこまで大きく失敗することはありません。 もし、失礼な態度をとってしまいお客様に不快な思いをさせてしまったら、その時はすぐに謝りましょう。 また、「苦手」と一度思ってしまうと、体は拒絶反応を起こしてしまいます。あまり自分の中で苦手意識を作らずに接客してみてください。 TOSHOでは、接客方法に関するさまざまなアドバイスが可能です。不安や疑問があれば、お気軽にご相談ください。

  • 2017/7/26/

その他のお悩み・ご相談への回答はこちら

content_bottom
WEB登録

東京のマネキン紹介所

東京のマネキン紹介所

ページの先頭へ