アパレル、食品販売のマネキン紹介所、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録

アパレル・食品業界の歩き方

アパレル・食品業界の歩き方

content_bg

人生

  • アパレル店員のやりがいって何ですか?

    これからアパレル業界で働こうと思っているのですが、やりがいにはどんなものがあるのでしょうか・・。 私が思うやりがいは、お客様が満足してくれたなど一般的なものです。 アパレルの仕事でイメージするのは、レジ打ちや接客、ディスプレイなどですが、やりがいにつながる仕事では接客しか思いつきません。 接客時にお客様に合った洋服を提案することで満足してもらうということが多いと思います。 しかし、お客様が満足するときにやりがいを感じるというのは、アパレル業界に限らないことだと思うのでこの仕事ならではのやりがいを知りたいです。 それによって、実際に働くときのイメージや面接の参考にもつながるため、教えていただけますでしょうか。

  • 接客以外にもやりがいを感じることは多くあります。

    もちろん、自分がお客様に提案した商品やコーディネートを喜んでくれたときにやりがいを感じるショップ店員は多いです。 そのほか、自分が好きなファッションの世界で働いているということもやりがいにつながるでしょう。 また、売上にやりがいを感じている人もいます。 個人の売上が店舗全体の評価につながるため、売り上げを伸ばすと店長などから褒められることも多いです。 ショップスタッフの売上は、その日にすぐ分かるため、良い仕事を追求すれば結果が反映されやすいことも特徴です。 自分の評価が数字という形で出るため、モチベーションを維持しやすくやりがいも感じやすいです。 アパレル業界の特徴として、ファッションセンスが磨かれる・トレンドに強くなれるというのも魅力的です。 シーズン毎に新商品が生まれるアパレル業界に身を置くことで、一般の消費者よりも流行を一足先に掴むことができます。 また、一緒に働くスタッフが刺激となり、自分のファッションセンスが磨かれることもあるでしょう。 そのほか、接客を通してコミュニケーション能力が高まるなどアパレル業界にはやりがいが多くあります。 TOSHOでは、アパレル業界に興味がある方からの質問も受け付けています。 今回のような質問でも専門のアドバイザーがしっかりと回答するため、お気軽にご相談ください。

  • 2016/12/15/

その他のお悩み・ご相談への回答はこちら

content_bottom
WEB登録

東京のマネキン紹介所

東京のマネキン紹介所

ページの先頭へ