アパレル、食品販売のマネキン紹介所、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録

アパレル・食品業界の歩き方

アパレル・食品業界の歩き方

content_bg

人生

  • ブランドの本部へ転属しないか打診されています。そのまま店舗に残るとデメリットはありますか?

    今の店舗で働き始めて3年になる販売員です。 職場は家からも近く、仕事内容も充実していて現状にとても満足しています。 自分で言うのもなんですが、結果もそれなりに出していると自負しています。 そんな中先日、本社の方からある打診を頂きました。 それは「本部に転属し、企画職として働かないか」という提案です。 うちのブランドでは商品企画の仕事は現場経験を積んだ人しかなれず、キャリアアップとして憧れている人も多いようです。 私の能力を評価して頂いたことは純粋に嬉しく思います。 でも、私は現場の販売の仕事、そして今の店舗が好きなんです。 本部に行けば、当然仕事内容も環境もガラッと変わってしまうでしょう。 もったいないと思われるかもしれませんが、お断りしようと考えています。 そこで不安があります。本部転属の打診はお断りしても大丈夫ですか? また、店舗に残ったことで何かデメリットは生まれますか?

  • 現段階では断っても特に問題ありません。ただし同じ話はもう来ないと考えた方が良いでしょう。

    アパレル業界は転属や異動の多い業種です。 よっぽどの理由がない限り、人事異動は基本的に断ることはできません。 しかし、今回はまだ「打診」という段階なので、断っても問題ないでしょう。 自分がどういう希望を持っており、どういう目的で働いているのか気持ちをきちんと伝えてください。 人事部では常に「誰がどの部署にふさわしいか」を探っています。 そこには「本人の希望」も加味されるので、異動命令が出される前であれば汲んでもらえるはずです。 もちろん今の店舗に残っても、給与や待遇などの面で特にデメリットはないでしょう。 ただし、質問者様も仰っているように本部への転属はキャリアアップのチャンスでもあります。 一度そのチャンスを蹴ってしまえば、再び同じ話を頂く機会はグッと少なくなるでしょう。 もう本部に行く機会はないくらいの気持ちでお返事した方が良いかもしれません。 自分自身がどうしたいのか、今後のことも含めてよく考えて結論を出してくださいね。 TOSHOでは、アパレルに関する採用のアドバイスも行っています。何か不安なことがあればお気軽にお問い合わせください。

  • 2016/3/9/

その他のお悩み・ご相談への回答はこちら

content_bottom
WEB登録

東京のマネキン紹介所

東京のマネキン紹介所

ページの先頭へ