アパレル、食品販売のマネキン紹介所、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録

アパレル・食品業界の歩き方

アパレル・食品業界の歩き方

content_bg

人生

  • ファッションデザイナーを目指しています。同じような方も店員として働いていますか?

    服飾関連の専門学校に通っている者です。将来はファッションデザイナーになりたいと考えていますが、最近はアパレル販売の仕事にも興味が出てきました。お客様と直接触れ合える現場の仕事にとても魅力を感じています。 しかし仕事としては全く別物であるため、どうするべきか迷っています。 私としてはアパレル販売の現場で経験を積んでからファッションデザイナーになりたいと考えているのですが、そんなにうまくいくかどうか不安です。 アパレル販売員として一度働きはじめたら、ファッションデザイナーになるチャンスはないのではないかと考えてしまいます。 それにアパレル販売員の皆さんがずっとアパレル販売員として働いていくつもりなのだとしたら、私のような考えは失礼にあたるのではないかという気持ちもあります。 ファッションデザイナーを目指しながらアパレル販売員として働いている方もいますか? また、アパレル販売員からファッションデザイナーになることは可能ですか?

  • 働きながら勉強している方、力をつけている方もたくさんいます

    ファッションデザイナーを目指しながらアパレル販売員として働いている方は大勢います。 事実、アパレル販売員から自社のデザイナーにキャリアアップしたり、各アパレルメーカーにデザイナーとして転職したり、自分のブランドを起ち上げたりする方もいます。 アパレル販売員からファッションデザイナーになることは決して不可能ではありません。 ただ、もちろん専門的な知識が必要になるため、働きながら勉強している方がほとんどです。 またアパレル販売員よりもファッションデザイナーの方が採用人数が少ないこともあり、販売員として腕を磨きながら積極的にチャンスを掴みにいかなくてはなりません。 ブランドによってはデザイナーとして採用してもアパレル販売員として経験を積ませるところからスタートする会社もあるので、そういった企業を探すのもひとつの手かもしれませんね。 いずれにせよ、アパレル販売員として働いた経験はファッションデザイナーになる上でも必ずプラスになります。 同じ目標を持つ仲間たちと情報交換し、視野を広げていくこともできるので、アパレル販売員として働くのも選択肢のひとつであると言えます。TOSHOでは、アパレルに関する採用のアドバイスも行っています。何か不安なことがあればお気軽にお問い合わせください。

  • 2016/1/21/

その他のお悩み・ご相談への回答はこちら

content_bottom
WEB登録

東京のマネキン紹介所

東京のマネキン紹介所

ページの先頭へ