アパレル、ファッション販売の募集、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録

TOSHOブログ

content_bg

意外と気になる販売員の売上ノルマのカウント方法

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

秋といえばスポーツの秋でもありますね…

ここ最近の食べ歩きが災いして体重が増加してしまった私は、「このままではマズイ!」と運動を始めました(^-^;

とはいえ無理は禁物ということで、とりあえず毎日100回の腹筋をしています!

一度に全部やらなくても、朝20回、お風呂に入る前に30回、と小分けにしてトータルで100回を達成しています♪

でもなかなかこれが大変で、ベッドから起き上がっただけでも1回にカウントしちゃう日も…(笑)

 

このように、目標に向けたカウントはルールを決めておかないと曖昧になってしまうこともあるでしょう。

それはアパレル販売の世界でも同様です。

たとえばお客様に対して販売員Aが接客をしたけれど、レジ対応は販売員Bが行った場合。

その売り上げ実績は販売員AとB、どちらになるのでしょうか?

密かに気になっている方も多いのではないのでしょうか。

では今回は、「売り上げノルマのカウント方法」についてご紹介しましょう!

 

売り上げの個人ノルマがある店舗では、前述のようなケースで誰の売り上げにカウントされるかは大きなポイント。

しかしそのカウントの仕方は店舗によってかなり異なります。

本店でルールとして決められている場合やシステム、店長の性格などによっても変わってくるでしょう。

 

ケース1:最初に接客した販売員Aの売り上げになる場合

このケースは、ルールがしっかり決まっている店舗に多いようです。

お客様が購入を決められたのがAさんの功績だとハッキリとわかる場合は、Aさんの売り上げとなるでしょう。

たとえ一度お客様が店舗を出てから再び戻られた後に購入を決められた場合やAさんが休憩に入っている間にお客様が購入された場合でも、「最初にお声かけをしたAさんが担当」ということになります。

 

ケース2:レジ対応を行った販売員Bの売り上げになる場合

どちらかと言うとこちらのケースの方が多いようですね。

シンプルなシステムなので、ルールがハッキリしていない店舗に多いようです。

誰が接客をしたのかわからない場合やお客様が購入された決め手がわからない場合、最終的にレジに入ったBさんの売り上げとなるでしょう。

ただし、店長や先輩が新人のために接客をフォローし、最終的な売り上げを新人に譲るというケースも多くあります。

 

デリケートな部分ではありますが店舗によってかなり差がある部分なので、働く際にはハッキリさせておくと安心できるかもしれません。

また個人ノルマではなく店舗全体のノルマという形をとっている店舗も多いようです。

自分に合った店舗を探しましょう♪

 

いかがでしたか?

この他にも気になっているようなお悩みがあれば、TOSHOにご相談くださいね♪

ご登録、転職についてもお気軽にご相談ください!

WEBo^
2015年10月28日
content_bottom content_bg

百貨店の集客戦略③~マルイ~

丸井

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

いよいよ街はハロウィン一色ですね!

ハロウィンと言えばスイーツ好きな私は、連日会社のお昼休みに近くのデパートやカフェに足を運んでハロウィン仕様のお菓子を楽しんでいます^^

こういう時、銀座の近くで働いていてよかったと思っちゃいますね♪

有名百貨店などでは銀座店限定のお菓子も多く、ケーキやクッキー、シュークリームなど毎日目移りしてしまいます♪

それぞれのお店が自分の店舗に合った新作を、自信を持って展開しているので、見ているこちらも真剣に選ばなくてはいけません!

ただ体重には注意しないといけませんが…(汗)

 

このように、店舗にはそれぞれ特色や特徴があるもの。

それでは今回も有名デパートの特徴についてお話しましょう♪

大人気企画の第3弾である今回は、首都圏を中心に展開している「マルイ」をご紹介します。

お買い物や職場探しの参考にしてくださいね!

 

「OIOI」や「マルイミニ」、「マルイシティ」など様々な出店形態を持つマルイは、丸井グループが運営しています。

その歴史は古く、1931年に「丸二商会」からのれん分けしてもらった創業者が中野に最初の店舗を開設したのが始まり。

もともとは百貨店としての性質が強かったのですが、現在ではアパレル中心の様々なテナントが入ったファッションビルとして定着していますね。

 

その後は池袋や新宿、渋谷などファッション激戦区を中心に店舗展開されていきました。

基本的には10~20代の男女をターゲットとしていますが、店舗によってターゲットや客層が異なります。

 

たとえば新宿マルイ本館は働く女性をターゲットにしており、アパレル店だけでなく日用雑貨店やワンランク上の飲食店を展開しています。

店舗ごとの特徴を踏まえておきましょう♪

基本的にはワンアクセントでデザインされたような、キレイ目かつカジュアルな系統のブランドが多いようです。

 

また、マルイはクレジットカードによる支払いを念頭に置いた販売を行っていることも大きな特徴。

実は1960年に、日本で初めてクレジットカードを発行したのがマルイなのです。

そのため、現在でも自社カード(エポスカード)による分割払いに強いという特徴があるのですね。

 

店舗数も多く、比較的身近なイメージの強いマルイ。

店内はキレイ目でスタイリッシュな雰囲気なので、カジュアルかつオシャレな雰囲気の中で働きたい人にはぴったりかもしれません。

 

いかがでしたか?

気になるデパートがある人はぜひTOSHOにご相談ください!

販売スタッフのご登録、転職についてもお気軽に♪

WEBo^
2015年10月22日
content_bottom content_bg

女性ファッション誌の流行戦略③~Domani~

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

すっかり秋も深まり、まさに読書の秋といったところでしょうか♪

先日、本屋さんに立ち寄った時に雑誌コーナーでファッション誌を立ち読みしている女子中学生のグループを見かけました。

キャッキャととても楽しそうにファッション談議に花を咲かせていたのですが、彼女たちが手に取っていた雑誌は先日このブログでも紹介した20代女性向けのCanCam!

背伸びしたい年頃なんでしょうね、「こんな大人になりたい!」と憧れながらファッションセンスを磨くのもまた良いのかもしれません。

でも個人的には、10代のうちは10代にしかできないファッションを味わってほしいと思っていますが^^;

 

そんなワケで、今回も有名雑誌のご紹介をさせて頂きましょう!

せっかく読むのなら、やっぱり数あるファッション誌の中から自分に合った一冊を見つけたいですよね♪

今回取り上げるのは、コンサバ系ファッションの代表的な雑誌「Domani」です!

 

Domaniは1997年に小学館から創刊されたファッション&ライフスタイルマガジン。

30代の働く女性をターゲットにしており、ファッションや美容・生き方に前向きな「成熟したイイ女」が共感できる一冊を目指しています。

ちなみに「Domani」は、イタリア語で「明日」という意味。

姉妹誌である「Oggi」は「今日」という意味なので、対になっていますね。

系統は、かっこよく、かつキレイ目な洗練された都会のOLスタイルが中心です。

サバサバしたパンツルックから艶のあるフェミニンコーデまで、コンサバ・大人カジュアルなスタイルを提案しています。

ファストブランドからハイブランドまで扱うアイテムの価格帯が幅広く、またサングラスやスカーフなどの小物類の掲載も豊富な点も大きな特徴。

一日中働いても落ちないメイクの方法や、先を見据えたお肌・髪のケアなどの記事も掲載されています。

 

オシャレなワーキングウーマンをターゲットにした店舗で働く人にはまさにぴったりの雑誌ですね。

ファッションだけでなく時事問題やライフスタイルなどの記事も多いため、お客様との会話にも役立つかもしれません。

 

いかがでしたか?

TOSHOは自分に合ったファッション誌で勉強する皆さんを応援しています。

販売スタッフのご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

WEBo^
2015年10月19日
content_bottom content_bg

百貨店の集客戦略②~ラフォーレ~

ラフォーレ

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

すっかり秋になりましたね。

先日、実家の母からカボチャが届きました。

しかも、料理が苦手な私を思いやってのレシピつき。

ハロウィン用のパーティーメニューのレシピもあって、母のセンスと優しさを感じる出来事でした。

今年のハロウィンは頑張って料理をしようと思います!

 

さて、街中はハロウィンムードで賑わっていますが、皆さんのお店でもイベントやサービスを企画しているのではないでしょうか?

そんななか、ラフォーレ原宿がハロウィンのスペシャルイベントを開催することを知りました!

これは注目してしまいますよね。

そこで今回は、有名デパートの紹介第2弾、「ラフォーレ原宿」についてお話いたします!

 

ラフォーレ原宿は1978年に若者向けのファッションビルとして誕生。

運営者は森ビル流通システム株式会社で、その名をあやかりフランス語で「森(The forest)」を意味する「ラフォーレ(La foret)」の名がつけられました。

設立当時、原宿は若者たちが集うファッショナブルな街へと変化しつつありました。

そして、ラフォーレ原宿の誕生により、ファッショントレンドの発信地としての地位を確立させたのです。

 

ラフォーレ原宿が話題になった理由は、やはりその発信力。

常に最先端のファッション情報を発信することはもちろん、新進気鋭のブランドや、若手クリエイター、起業家をも世に送り出しているのです。

さらにユニークなイベントやインパクトのある広告活動でも注目を集めています。

原宿の魅力を最大限に引き出し、現在では街のランドマークタワーとして親しまれています。

 

そして、ファッションの街である原宿ならではの販売方法を行っているのも親しまれる理由のひとつです。

ラフォーレ原宿の来館者は女性が7割、男性が3割。

メンズの勢いが増している中、メンズ専門のフロアを作っていないのです。

「ユニセックス」な買い物ができる施設でい続けることが戦略なのでしょう。

実際に、ファッションにどん欲で「男女関係なく気に入った服を着る」という原宿の若者達に親しまれています。

ゴスロリやサロンボーイ系などの、いわゆる原宿系のファッションブランドを多く取り扱っているのも人気の理由です。

 

常にトレンドの最先端にいたい販売員さんや、ファッション意識の高いお洒落な販売員さんは、ラフォーレ原宿の求人を探してみるといいかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

TOSHOでは今後も様々なデパートを紹介予定です。

ご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

 

WEBo^
2015年10月9日
content_bottom content_bg

販売員ならピークタイムこそ気を付けたい商品補充と店内美化

店内美化

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

すっかり秋の陽気になりましたね。

先日、衣替えをしなければと思ってクローゼットを整理しようとしたのですが、服が多すぎて散らかしただけで終わってしまいました…。

そろそろ長袖の羽織が必要なのに、見つからなくて困っています^^;

 

さて、このように「必要なものが、いざというときになかなか見つからない」というのは、アパレル販売員の皆さんにとっても困ることですよね。

それがピークタイム中の出来事だとしたら、もはや命取りではないでしょうか?

ピークタイムの商品補充は、スムーズに行えるようにしておきたいもの。

そこで今回は、ピークタイムこそ気を付けたい商品補充と店内美化について教えちゃいます!

 

タイムセールなどのピークタイムは、接客はもちろんですが、商品の補充が重要です。

売れ筋の商品が店頭に並んでいなければ、お客様がその商品を手に取る機会が減ってしまいます。

かといって、補充ばかりして接客をしないのも、セット売りなどのチャンスを逃してしまうもの。

この2つのバランスが重要なのです。

 

では、どうしたらピークタイム中でも接客をしながらスムーズに補充ができるようになるのでしょうか?

その方法は簡単、道具を使えば良いのです。

まずはカゴを2つ用意し、それぞれに商品、ハンガーを分けて入れましょう。

そして、そのカゴを持って店内を補充しながらまわります。

 

カゴを使った補充のメリットは3つ。

①一度にたくさんの商品を運べる

②売り場にいる時間が増える

③補充時間が短縮できる

 

カゴがあれば、バックヤードまで何度も商品を取りに戻ったり、手にたくさんの商品を抱えたりする必要がなくなります。

さらに、カゴは床に置けるため、ハンガーかけもバックヤードではなく店内で行えるのです。

補充の間も、売り場にいる時間が増えるため接客に入りやすくなります。

両手に商品を抱えた状態ではお客様に話しかけづらいですが、補充途中の商品はカゴにキープしておけば、すぐに接客に入ることもできますね。

 

裏で作業する時間が長くなってしまいがちな商品の補充を、店内で準備することで接客への流れをスムーズにする方法です。

接客に入る際は、作業中のカゴをラックの下にずらすなどして、お客様の邪魔にならないように気をつけましょう。

補充の際は、乱れた商品を綺麗に畳み直したり、ホコリ取りなどの簡単な清掃をしたりしながら行うことも大切ですよ。

 

いかがでしたか?

TOSHOでは忙しいときこそ頑張れる販売員を応援しています。

ご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

 

WEBo^
2015年10月3日
content_bottom
WEB登録
ページの先頭へ