アパレル、ファッション販売の募集、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録

アパレル・食品業界の歩き方

アパレル・食品業界の歩き方

content_bg

仕事術

  • お客様とどのくらいの距離感で接客をすればいいの?

    現在のお店で働き始めて1年ほどなのですが、お客様との距離感がまだ上手く掴めず悩んでいます。

    お店で取り扱っている商品の価格帯が少し高めということもあり、新規のお客様よりも常連さんのほうが多いです。

    新規のお客様の場合は、ある程度自分のなかで接客の流れが身に付いているので苦労はしません。なかには、新規からリピーターになってくれるお客様もいるほどです。

    でも、常連のお客様になればなるほど、どの程度まで仲良くして良いのかの線引きが難しく感じています。

    過去にお客様と親しくしすぎた結果、他のお客様からクレームが入ったこともあるので最近は一線を引いて接客をしています。

    お客様との距離感を保ちつつ、良い関係を築ける方法があれば知りたいです。

  • 店頭での接客以外でもコミュニケーションを取ってみましょう

    新規からリピーターになってくれるお客様もいるということなので、接客スキルなどについては問題ないと思います。

    そのお客様は、お洋服はもちろんですがあなたのファンになっている可能性も高いので、店頭での接客も大切。

    しかし、そのお客様ばかりを優先してしまうと他のお客様は良い気分になりません。

    そこでおすすめなのがDMを活用する方法です。お店によっては定期的にDMを送っているかもしれませんが、常連のお客様やリピーターの方には一言メッセージやイラストを添えると親近感につながります。

    店頭以外でもコミュニケーションを取ることで、お客様と良い距離感で接することができます。

    また、常連のお客様のなかにはプライベートの誘いを持ち掛けてくる方もいます。

    お客様には悪気はないのですが、店外でのトラブルは避けたほうが無難です。

    お店のルールで禁止されているなど上手に理由を伝えて、ショップスタッフとお客様の関係を守るようにしましょう。

    TOSHOではアパレル業界で働いている人からのお悩みを募集しています。
    専門のアドバイザーが対応致しますので、お気軽にお問い合わせください。

  • 2017/8/18/

その他のお悩み・ご相談への回答はこちら

content_bottom
WEB登録
ページの先頭へ