アパレル、食品販売のマネキン紹介所、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録

アパレル・食品業界の歩き方

アパレル・食品業界の歩き方

content_bg

悩み

  • アパレルショップ店員として採用されやすい志望動機などはあるのでしょうか?

    現在はアパレルとは関係がない業界で働いているのですが、小さい頃からファッションが好きだったこともあり、アパレル業界への転職を考えています。 今は接客業をしているので、アパレルショップの求人に応募しようと思っているのですが、志望動機の書き方で悩んでいます。 単純に洋服が好きということだけを書けば良いのか、 それともこれまでの仕事の経験を書けば良いのかわかりません。 もしも、採用されやすい志望動機があるのであれば、教えていただきたいです。 また、志望動機を書くときのポイントやコツも知りたいです。

  • 接客業の経験は強いアピールポイントになります。

    アパレル業界では接客のスキルが求められます。 そのため、アパレル業界でなくても接客業で働いていたという経験がある人は採用されやすいといえるでしょう。 また、前職での具体的なエピソードを織り交ぜることができれば、自分が接客業に向いていることのアピールになります。 お客様に感謝されたことがある、様々なお客様を接客してきた経験があるなどは、 志望動機に記載するようにしましょう。 そして、志望動機を書くときに大切なのが結論を先に伝えることです。 志望動機と聞くと、アパレル業界で働きたいと思ったきっかけを先に書いてしまいがちですが、なぜこの業界を志望したのかという理由を最初に書くようにしましょう。 その他、自分が働きたいと思っているブランドについて、あらかじめ情報を調べておくことも志望動機を書くうえでは重要になります。 求人情報からは、ブランドのコンセプトや求める人材像を知ることができますし、志望するブランドを深く調べることで競合他社との差別化にもなります。 これらをしっかりと行うことで、「なぜこのブランドでなければならないのか」を相手に伝えられるようになるでしょう。 TOSHOでは、アパレル業界への転職を考えている人からのお悩み相談も受け付けています。 専門のアドバイザーがしっかりと対応するのでお気軽にお問い合わせください。

  • 2017/3/3/

その他のお悩み・ご相談への回答はこちら

content_bottom
WEB登録

東京のマネキン紹介所

東京のマネキン紹介所

ページの先頭へ