アパレル、ファッション販売の募集、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録

アパレル業界の歩き方

アパレル業界の歩き方

content_bg

働き方

  • アパレル店員の休憩時間は、短いって本当ですか?

    将来、アパレル関係のショップで働くことを考えています。
    ショップ店員というと、お洒落で華やかなイメージを持っています。私もそんな風になりたいと思い、アパレルショップの店員として働くことを真剣に考えているところです。

    もっとショップ店員のことを知りたくて、ネットを使いいろいろと調べるのですが、その中で気になる情報がありました。

    それは、「アパレルショップの店員は、まともに休憩をとることができない」ということです。

    私は、休憩や休日がしっかり取れるところで働きたいという希望があります。

    それがアパレルショップでは叶わないとなると、やめておくべきかどうか悩みます。

    アパレルショップの店員は、本当に休憩をまともにもらえないのでしょうか?

  • アパレルショップだからといって、休憩が短いということはありません

    今は、休憩時間をしっかり設けている企業・ショップが大半です。

    休憩時間も惜しんでガンガン働かせるというところは、効率も悪くなりますし、そうすると売上も伸び悩む傾向にあるので、休憩時間はそれなりにあるものだと思って大丈夫です。

    しかし、接客業では、お客様がたくさんいらっしゃる時間帯に人手がほしいもの。

    忙しい時間にお客様の対応をできる従業員が十分にいないと、お店が回らない上に、スタッフの負担も大きくなります。そうなると必然的に、お客様があまりいらっしゃらない時間帯に休憩を入れるのがベストです。

    このように、アパレルショップでも同じく、15、16時にお昼休憩をとるというのは当たり前になっています。

    お昼の時間に休憩をとれないことは多々ありますが、時間自体は大体60分程度はとれるでしょう。もしくは20分程度の小休憩を何回か分けて入れるところもあり、それはショップによって変わります。労働のあり方も、時代とともに改善されてきているので、条件に合ったショップを探してみてください。

    弊社では、さまざまな悩みや疑問にお答えします!質問はぜひお気軽にどうぞ。

  • 2017/7/13/

その他のお悩み・ご相談への回答はこちら

content_bottom
WEB登録
ページの先頭へ