アパレル、ファッション販売の募集、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録

TOSHOブログ

content_bg

女性ファッション誌の流行戦略②~CanCam~

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

すっかり涼しくなりましたね。

いつまでも夏服なんて着ていられません。

休み時間はファッション誌を読み比べて、秋のトレンドを勉強中の私です。

 

さて、前々回に当ブログでファッション誌「ViVi」について紹介させていただいたところ、ユーザーの皆様からご好評の声をいただきました!

そこで今回は、有名雑誌の紹介第2段として「CanCam」について、どんな雑誌か紹介いたします!

 

CanCamは「よりよい未来を、明日を信じる女のコを応援する」をテーマに、1981年11月に創刊されました。(CanCam公式サイトより抜粋)

20代の女性を読者ターゲットに、大人っぽいキレイ系のスタイルを好む女子大生や、OL歴1~3年の社会人の女性などの層に好まれています。

特に、OL1年生にとって、「会社に着ていく服はどんなものが良いのか?」はよくある悩み。

そんな女性たちの教科書として、CanCamは成長してきたのです。

 

トレンドを押さえながらも、「上品で可愛いことを忘れないスタイル」の紹介を心掛けているCanCamは、かわいめOLやお嬢OL、スウィート系やレディ系、キレイ系大学生などのリアルなスタイルを紹介しています。

そして、CanCamの強みといえば、やはり、オフィスでもプライベートでも「異性モテ」を意識した「愛されコーデ」でしょう。

清楚で可愛らしいスタイルを打ち出し、愛されたい願望の強い女性のHAPPYを応援しています。

 

さらに、近年では異性モテだけではなく、女子会コーデにぴったりな「同性モテ」スタイルも提案しています。

また、ファッションだけでなく、ヘアやメイク、ダイエットなどの美容特集、節約術や資格取得のための勉強法、レシピなどのライフハックをテーマにしたページも強化し、CanCamを通じて女性たちがHAPPYになることを願っています。

まさに「誰からも愛されたい女性」にピッタリな雑誌といえるでしょう。

 

実際に、CanCamは様々なトレンドを生んできました。

かつて、CanCamでトップモデルとして表紙を飾り続けてきたモデルは、現在では女優として活躍しています。

「カリスマ美容師ブーム」や「バカ売れ」などの現象や言葉も、CanCamから世の中に広まったといわれているんですよ。

 

いかがでしたか?

TOSHOでは今後も様々なファッション誌を紹介予定です。

アパレル販売スタッフのご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

 

WEBo^
2015年9月25日
content_bottom content_bg

百貨店の集客戦略①~109

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

先日、職場の皆と銀座のお寿司屋さんで女子会をしてきました♪

銀座でお寿司!というと、敷居が高いイメージがありますが、私たちが行ったお店はお寿司が食べられるダイニングバーといった雰囲気で、お値段も無理のない範囲でしたよ。

人気メニューのロール寿司は、スイーツのようにカラフルで可愛らしく、味も良くて女子会にピッタリでした☆

ランチメニューもありますし、TOSHOからも近いので皆さんもぜひ行ってみてはいかがですか?

 

さて、このお寿司屋さんにも「女性をターゲットにする」という戦略があるように、顧客ターゲットを絞るのは商業戦略として有効です。

私たちにとって身近な存在であるファッションビルや有名デパートも、それぞれにターゲット戦略を持っています。

各デパートのターゲット層がわかれば、お客様にとっても販売員にとっても、自分の希望の店舗が探しやすいと思いませんか?

そこで、このブログで様々なデパートの特徴について解説していこうと思います。

 

今回は、有名ファッションビル「109」のターゲットについて紹介しちゃいます!

 

「マルキュー」の略称で親しまれている109ですが、その名の由来を知っていますか?

数字のみでつけられた施設名は、少し不思議な印象がありますが、実は「109」という数字は運営会社である株式会社東急モールズデベロップメントの「東急」を数字で表したものなのです。

また、営業時間が午前10時から午後9時までというのも、この名の由来になっています。

 

そんな109の1号店「SHIBUYA109」は昭和54年にオープンしました。

オープン当初は紳士服も扱う百貨店として順調に売上を伸ばしていましたが、バブル崩壊の影響で平成8年頃には売上も低迷。

しかし、そのようなときでも女子高生向けにルーズソックスを販売していた店舗だけは繁盛していたのです。

そこで109は思い切って顧客ターゲットを女子高生に絞り、ギャル系の店舗に入れ替えを行いました。

すると、翌年には売上が20~30%ほど上がったのです。

 

さらに改革は進み、現在では17~22歳の女性をターゲットに、様々なファッションブランドを取り扱っています。

ギャル系はもちろん、ハードカジュアル系やナチュラルカジュアル系、ロコ系やセレブカジュアル系、かわいい系やロマンチック系など、15のテイストを揃えているのです。

つまり、どんな女子高生が訪れても、欲しい洋服を見つけられるのですね。

これが、109がファッションビルの代表格にまで成長した戦略です。

 

販売方法も、お客様に親しみやすいようターゲットの年齢層と同年代の販売員を揃え、友達感覚の接客を心掛けています。

お客様にとって身近な存在でいることを目指している販売員には、適した職場かもしれませんね。

 

いかがでしたか?

TOSHOでは今後も様々なデパートを紹介予定です。

ご登録、アパレル求人についてもお気軽にご相談くださいね♪

 

WEBo^
2015年9月16日
content_bottom content_bg

女性ファッション誌の流行戦略①~ViVi~

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

先日、美容室に行ってきました。

私は美容室で雑誌を読む時間が好きなのですが、私に用意されたのは、なんと女性週刊誌!

てっきりお洒落なファッション誌を用意してもらえると思っていただけに、ショックでした。

私もおばさんになってしまったということでしょうか…

 

さて、ファッション誌といえば本当に様々な種類がありますよね。

ファッション誌を読むのも、コーディネートを学ぶには良い方法のひとつです。

とはいえ、こんなにも多くのファッション誌があると、どれを読んだらいいのかわからなくなってしまいませんか?

「有名な雑誌だから……」なんて安易な理由で選んで、自分の好みとは違った、勤務先のアパレルショップのコンセプトには合わなかった……なんてことになったらがっかりですよね。

そこで、このブログでいろんな雑誌の特徴について解説していこうと思います。

 

今回は、有名雑誌の「ViVi」について、どんな雑誌か紹介しちゃいます!

 

ViViの創刊は1983年5月。

30年以上の歴史を持ち、10代後半から20代の女性をターゲットに最旬ファッション情報を提供しています。

メインコンセプトはトレンドに敏感な大人ギャルスタイルと、甘くて可愛いガーリースタイル。

旬のアイテムを取り入れたお洒落なコーディネートや、セレブをイメージしたMIXカジュアルスタイルなどを紹介しています。

また、ヘア&メイクや、ビューティー情報、ライフスタイルやエンタメ情報なども掲載しており、流行をいち早く取り入れたい女性に人気があります。

 

各ファッションブランドごとの特集も掲載されることがあるため、大人ギャル系やガーリー系のショップで働いている販売員には参考になるでしょう。

掲載アイテムは店頭でも人気が見込めるため、目立つようにレイアウトしたり、マネキンにモデルと同じコーディネートをさせてみたりと、販売方法の参考にもなるかもしれませんね。

 

大人っぽいコーディネートから、可愛らしいコーディネートまで掲載されているため、とにかく旬なお洒落スタイルを楽しみたい女性におすすめです。

ブランドのコンセプトに合うメイクや髪型がわからない!という方は、ヘア&メイク特集を参考にしてみるのも良いですよ。

 

いかがでしたか?

TOSHOでは今後も様々なファッション誌を紹介予定です。

ご登録、求人についてもお気軽にご相談くださいね♪

WEBo^
2015年9月15日
content_bottom content_bg

当社スタッフがHOT PEPPERの写真モデルに!(*^o^*)

今日はうれしいお知らせが一つ。

当社のスタッフさんがホットペッパーに掲載されるモデルになりました(^_^)

いつも通っている美容院で写真モデルに・・ということで撮影されたそうです。

いつお会いしてもお美しいスタッフさんで、当ホームページのスタッフインタビューにも出演していただいたことがあるんですよ(*^o^*)
これからもよろしくお願いします!

123456

販売スタッフインタビューの様子はこちらをご覧ください
40代販売未経験でも大丈夫。実績のある派遣会社で対応も満足です!

 

WEBo^
2015年9月8日
content_bottom content_bg

販売員に至福のひととき!立ち仕事の疲れを癒す3つの方法

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

不安定な天気が続いていますね。

長い雨に、いよいよ秋の訪れを感じています。

涼しくなると、恋しくなるのがお風呂!

夏の間はシャワーで済ませていた私ですが、最近は湯船にゆっくり浸かるようにしています。

1日の疲れが癒えますし、気分にあわせて入浴剤を選ぶのも楽しいですよ♪

 

さて、アパレル販売員の皆さんも、日々のお仕事の中で疲れを感じることもあるでしょう。

特に立ち仕事を続けていると、足腰に疲れが溜まってしまうこともあるのではないでしょうか?

疲れた体では、元気に仕事に打ち込めませんよね。

そこで今回は、立ち仕事の疲れを癒す3つの方法を紹介します!

 

立ち仕事を続けていると、脚に重さやだるさ、痛みを感じてしまうもの。

特にふくらはぎがパンパンにむくんでしまうことが、よくあるのではないでしょうか?

むくみの原因は、長時間同じ姿勢でいることによる血流の滞り。

そのため、立ち仕事の疲れを癒すには、血流を良くすることがポイントです。

 

【足裏マッサージをする】

足裏には、静脈血が溜まる「足底静脈叢」という部位があります。

足底静脈叢を刺激することで、血液の循環を助ける効果を得られるのです。

調度、土ふまずの辺りに位置する部位であるため、青竹や階段のへりを利用してマッサージしてあげましょう。

すると、血液の滞りが改善され、脚全体が軽くなります。

 

【足をあたためる】

足先は心臓から最も遠く、冷えやすく血液循環が滞りやすい場所です。

足が冷えてしまうと血流が悪くなり、老廃物が滞り、むくみに繋がります。

そのため、足を温めてあげれば血流が良くなり、だるさは改善されるでしょう。

足をあたためる方法は、レッグウォーマーや湯たんぽなど様々ありますが、特におすすめなのが足湯です。

足湯は血流の改善だけではなく、自律神経も安定させてくれるため、心身ともにリラックスできますよ。

家庭で利用できる足湯グッズも多く販売されていますから、利用してみてはいかがでしょうか?

 

【水分補給をする】

血流が悪くなる原因のひとつとして、水分不足があります。

体内の水分が不足していると、血液がドロドロになってしまい、疲れやすい体になってしまうのです。

特に汗を多くかく夏や、乾燥している冬はこまめに水分補給をしましょう。

デトックスウォーターやハーブティーを選べば、体内環境も整いますね。

飲み物は冷たいものより、あたたかいものを選ぶのもポイントです。

 

立ち仕事の疲れをしっかりとることができれば、仕事へのモチベーションも上がりますし、綺麗な体型を維持することにも繋がりますよ。

 

いかがでしたか?

TOSHOではアパレル販売員の体調管理もサポートしています。

ご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

WEBo^
2015年9月3日
content_bottom
WEB登録
ページの先頭へ