アパレル、食品販売のマネキン紹介所、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録
TOSHOブログ
content_bg

アパレル店員の休憩時間の過ごし方

0625_01

梅雨が明けたら本格的に夏がやってきますが、この季節に欲しくなるアパレル商品といえばやっぱり浴衣!

毎年ついつい新しいものが欲しくなってしまいます。

そこで先日、仕事の休憩時間に銀座のデパートに浴衣を見に行ってきました。

調度タイミング良く浴衣のイベントが開催されていたので思わず予約しちゃいました♪

今年のトレンドは伝統を意識したレトロ柄みたいですよ。

 

さて、私は休憩時間にショッピングを楽しんでいますがアパレル販売員の皆さんは休憩時間をどのように過ごしているのでしょうか?

中でも「売れるアパレル販売員の休憩時間の過ごし方」について、今回はご紹介していきます。

実は休憩中もこっそり努力するのが「売れるアパレル販売員」になるコツのようです。

 

休憩時間を有効に使えるか否かで売上が左右されることがありますが、休憩時間を有効に使うには「情報収集」の時間として使うといいでしょう。

情報はアパレル販売員にとって大切であり、情報量が多い販売員ほど接客のスキルが向上します。

アパレル販売員が必要な情報は雑誌やインターネット、街中の人々、同僚や他店舗の販売員から得られます。

特にアパレル販売員同士の情報交換は現場の声が確実に分かり参考になるでしょう。

 

お客様の動向や予算達成率、売れ筋の商品や一押しの商品、レイアウトやファッション業界などの情報を多く知っていることは販売員として有利です。

更に他店舗の情報を知っていれば販売戦略を立てるのにも有効でしょう。

他店舗と同じ売り出し方をしていては差がつかず埋もれてしまいますが、お互いに違う売り出し方をすればそれぞれの良さが引き立ちます。

 

また、自分の価値観だけではなく第三者の視点を持つ他メーカーの販売員からの情報を活かすのは、お客様のための売り出し方を考えることとしても大切です。

見ず知らずの販売員に声をかけるのは少し勇気のいることかもしれませんが、コミュニケーション能力を上げることは接客スキルの向上にも繋がります。

そこから凄く仲良しになって、一緒にランチをするようになったり、新たな出会いも有るかも知れないですよね。

 

もちろん、休憩時間をリフレッシュの時間に使うのも有効です。

心と身体を充分に休め、休憩後また笑顔で店頭に立つ準備をするのも大切ですよ。

休憩時間は限られていますが、ぼーっと時間が過ぎるのを待つよりも、有意義な時間にできるように上手く活用するようにしましょう。

いかかでしたか?

TOSHOでは努力家のアパレル販売員さんを応援しています!

お気軽にご相談くださいね♪

 

———————————————————-
【PC版】  アパレル求人情報
【スマホ版】 アパレル求人情報
———————————————————-

HOMEに戻る

販売のお仕事を当社でご紹介します!

首都圏でアパレルや食品販売のお仕事をやりたいと思ったら東商にご登録ください。

たとえば・・

「やりたい仕事がわからない」

「未経験だから不安」

「主婦(夫)でもできる仕事はある?」

「50代だけど働けるかしら?」


そんなご心配も大丈夫!

当社ではパートやアルバイトでお仕事をお探しの方や、販売未経験の方にも多数のお仕事をご紹介しています。

若い方からご年輩の方のお仕事までご紹介できるのは東商だけです。

ぜひお気軽にご登録ください!

WEB登録

WEB登録

接客販売のお仕事をご紹介!

2014年6月26日
content_bottom
WEB登録

東京のマネキン紹介所

東京のマネキン紹介所

ページの先頭へ