アパレル、ファッション販売の募集、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録

TOSHOブログ

content_bg

有名デパートのターゲット戦略~三越~

12

 

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

なんだか不安定な天気が続いていますね。

台風が訪れると、夏の終わりを感じるのは私だけでしょうか?

 

皆さま、今年の夏はどんな思い出ができましたか?

お仕事を頑張った販売員さんも、お休みを満喫された方も、良い思い出ができているといいですね
^^

私はというと、今年の夏は浴衣を一度も着られていないことが心残り……

本当に夏が終わってしまう前に、浴衣を着る機会ができれば良いのですが><

 

さて、浴衣といえば、今では夏のお祭りや花火大会、旅館に宿泊したときぐらいしか着る機会がないものですが、昔は日常的に着られていたものですよね。

そんな浴衣を、当時の一般市民に広げたのが、かの有名な「越後屋」です。

では、その「越後屋」は、現在まで残っているのでしょうか…?

 

今回は、その謎に迫ってみましょう!

それでは、有名デパートのターゲット戦略第10弾!越後屋と関係の深い「三越」についてご紹介します!

 

株式会社三越が誕生したのは1928年。

誕生の際に「デパートメントストア宣言」を行い、今日の百貨店の原点を作ったとされています。

しかし、三越の原点をたどると、元々は百貨店として創業したのではなく、呉服店であったことがわかるのです。

その呉服店が、時代劇でも有名な「越後屋」なのですね。

越後屋の誕生は江戸時代の1673年ですから、三越の原点は大昔にあるといえるのです。

 

当時、富裕層だけのものとされていた呉服を一般市民にも広げた越後屋。

その越後屋が原点となった三越は、日本初の百貨店として知られていますが、三越の日本初はそればかりではありません。

エスカレーターやエレベーターなどの設備をはじめ、バーゲンセールやファッションショーの開催も、三越が日本初なのです。

さらには、マクドナルドの出店や、日本の百貨店としてのストライキも、三越が日本初なのですよね。

 

古くから日本の経済を支え、人々の生活に彩りを与えてきた三越。

日本橋本店が国の重要文化財に指定されているほか、小・中・高校生を対象とした館内の歴史ツアーを行っているのも納得です。

現在は、「This is Japan」、「飾る日も飾らない日も三越と」をキャッチフレーズとして、日々、商品やサービスなどあらゆる面で革新を繰り返しながら成長しています。

時代とともに挑戦し続ける姿勢が、三越が長く愛されている理由というわけですね。

 

いかがでしたか?

気になる百貨店がある方は、TOSHOに教えてくださいね!

ご登録、転職についてもお気軽にご相談ください♪

WEBo^
2016年8月26日
content_bottom content_bg

~ViS~アパレル店員なら知っておきたいファッションブランドの特徴③

Bag, sunglasses and leather jacket on a bench of a urban park

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

皆さま、お盆はどんな風に過ごされましたか?

ずっとお仕事だった……という、頑張り屋な販売員さんもいるかもしれませんね。

 

私は親戚たちと過ごしたのですが、久しぶりに会った年下の従妹がすっかりイメチェンしていてビックリ!

去年のお盆に会ったときは原宿系のカラフルなファッションをしていたのに、今年はシンプルでキレイめなファッションをしていたんです。

なんでも社会人デビューしたことを機会にオトナ女子を意識しているんだとか。

確かに、彼女はグッと大人っぽくなったように思います……

やっぱりファッションで印象が変わるものなんですねぇ~(*´o`*)

 

さて、オトナ女子に人気のファッションブランドは様々ありますが、今回はそのなかからひとつ紹介しますね。

それでは、TOSHOがお届けする「ファッションブランドの特徴紹介」第3弾!

オトナ女子デビューにもピッタリなブランド「ViS」について紹介いたします♪

 

ViS(ビス)の誕生は1996年。

JUNグループ(株式会社ジュン)により、“大人の女の子”にむけたセレクトショップとして生まれました。

個性とこだわりを重要視する大人の一面と、トレンドに敏感な少女の一面をあわせ持つ女性に喜ばれるアイテムを展開しています。

 

ブランド名の「ViS」が意味するのは、様々なものをつなぎ合わせる“ネジ”。

ガーリーやマニッシュ、モードなど、いろいろなテイストを好きなようにミックスできるスタイルをコンセプトにしており、女の子が持つ気まぐれなワガママも叶えてくれちゃいます。

ちょうどよいトレンド感のあるアイテムに大人の上品さをプラスし、“今着たいカワイイ服”として20代~30代を中心に人気があるんですよ。

 

さらに、比較的に手の届きやすい価格であることも人気の理由。

低価格であるために様々なアイテムを集めやすく、バリエーション豊かなコーディネイトを楽しむことができます。

オフィスにもぴったりなきちんとしたスタイルから、部屋着にもできそうなリラックスしたスタイルまで、まさに女の子の生活に寄り添うブランドなのですね。

 

いかがでしたか?

他にも気になるファッションブランドがある方は、TOSHOに教えてくださいね。

ご登録、求人、転職についてもお気軽にご相談ください♪

 

WEBo^
2016年8月17日
content_bottom content_bg

今から予習!2016年秋冬のトレンドファッションは?

1

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

まだまだ暑い日が続いていますね。

こんなにも暑いと外に出るのが億劫になりますが、この季節だからこそ外で楽しみたいこともありますよね?

 

……そうです!ビアガーデンです!!

私はこの前の週末に行ってきました♪

やっぱり外で飲むビールって格別ですよね~、夏の間にもう一度は行きたいです、ビアガーデン。

 

さて、皆さまもそれぞれの夏を満喫されているかとは思いますが、アパレル業界では8月は「秋」になるんですよね。

皆さまの勤務先のお店でも、そろそろ秋物の商品が入荷してきている頃ではありませんか?

となると、今年の秋冬はどんなコーディネイトをしようか思いを巡らせてしまうもの。

そこで今回は、今から予習しておきたい“2016年秋冬のトレンドファッション”について紹介します!

 

今年の秋冬のトレンドを押さえるには、4つのキーワードに注目しましょう。

 

1.トレンド素材はふわっふわのファー

ファーは秋冬の定番アイテムのイメージが強いかもしれませんが、今年は例年以上にトレンドになるといわれています。

特にビッグシルエットのファーコートは大注目です。

まだ暑くて、ファーはイメージできない……という方は、裸足でも履けるファーサンダルやファーバッグから取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

2.トレンドカラーは洗練されたグレー

落ち着いたカラーのアイテムが欲しくなる秋冬。

今年のトレンドはコーディネイトに取り入れると洗練された印象になるグレー。

ひとことにグレーといっても、ライトグレーからチャコールまで、バリエーションは豊富にありますよね。

そのトーン差を利用して、異なるグレーのグラデーションで立体感を楽しむスタイルが今年風です。

3.トレンド柄は強気なアニマル

2016年の秋冬は、アニマルがトレンドに返り咲きます。

定番のレオパードやダルメシアンをはじめ、パイソン柄にも注目が集まっています。

アニマル柄はファーとの相性も良いため、あわせて取り入れたいですね。

 

4.トレンドコーデは70~80年代レトロ

春夏に引き続き、レトロなコーディネイトがトレンドになるといわれています。

特に秋冬に注目したいのはレトロなデザインのワンピース。

ウエストがキュッとしまったAラインのシルエットで、襟のついたデザインのワンピースは1枚持っておきたいアイテムです。

 

いかがでしたか?

2016年の秋冬のトレンドも、お洒落で可愛いアイテムがいっぱい。

注目のアイテムは、お客様へのアドバイスにも取り入れてみてくださいね。

 

この他にもお悩みがある方は、いつでもTOSHOにご相談ください!

ご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

 

WEBo^
2016年8月11日
content_bottom content_bg

夏季休業のお知らせ

本年の夏季休業の日程をお知らせいたします。

 

【8月11日~8月17日を夏季休業とさせて頂きます】

※ 2016年8月18日(木)より、通常業務を開始します。
※ 休業中に頂きましたご連絡につきましては、2016年8月18日(木)以降に対応させていただきます。

ご多忙の折、ご迷惑をお掛けいたしますが、
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

時節柄、みなさま ご自愛くださいませ。

WEBo^
2016年8月10日
content_bottom content_bg

正装も大切!お盆の法要の服装マナーを知ろう

1

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

8月に入り、ますます暑さが増してきましたね。

夏休みを満喫している近所の小学生がとても眩しく見える毎日です…

 

大人にとっての夏休みは、いわゆる「お盆休み」であることが多いですよね。

アパレル販売員の皆さまにとっては、来客数が増えるため頑張りどきでもありますが…

そもそも、「お盆」とはどんな行事か知っていますか?

 

これからお盆を迎えるにあたり、法要に招かれることもあるかもしれません。

そんなとき、きちんとマナーを知っておかないと、恥ずかしい思いをしてしまうかもしれませんよね><

そこで今回は、お盆の法要の服装マナーについて紹介します!

 

お盆は、ご先祖様を供養する目的があり、日本人にとってとても大切な行事です。

特に、故人が亡くなって四十九日の法要が過ぎてから初めて迎えるお盆は「初盆(はつぼん)」と呼び、僧侶に読経をしてもらい、親族や友人、知人を招いて故人の供養をします。

 

そこで悩んでしまうのが、初盆に招かれた際の服装。

喪服を着るべきかと悩むこともあるかもしれませんが、初盆は故人の死を悲しむためではなく、供養するための行事です。

そのため、必ずしもきちんとした喪服でなければならないということはありません。

 

もちろん、喪服を着るのは正式なマナーですが、夏の暑い日に喪服を着たくないと思う場合もあるでしょう。

そのようなことから、最近では平服で参列することも増えてきました。

 

平服は、女性の場合は、黒やグレーなどのスーツやワンピースが無難。

中にシャツを着る場合は、白の無地でシンプルなデザインのものにしましょう。

ストッキングは、黒かベージュで装飾のないものを選んで。

暑くても、素足はNGです。

 

男性の場合は、黒やグレーなどの落ち着いた色のスーツが基本。

シャツとネクタイもシンプルなものを選びましょう。

また、施主および親族として招く側の立場の際は、喪服を着用する場合が多くあります。

いずれの場合も地域や宗派によってマナーが異なる場合もありますから、困ったときは親族や年長者に聞いてみるのも手ですよ。

 

いかがでしたか?

アパレル販売員たるもの、正装のマナーもきちんと覚えておきたいもの。

お客様へのアドバイスにも、ぜひお役立てくださいね。

 

この他にもお悩みがある方は、いつでもTOSHOにご相談ください!

ご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

WEBo^
2016年8月5日
content_bottom content_bg

あなたは何系?女性ファッション雑誌の流行戦略⑪~non・no(ノンノ)~

1

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

最近は暑くなったり涼しくなったりと、不安定な天気が続いていますね…。

みなさん、体調を崩されないように気をつけてくださいね。

 

先日、銀座のアクアリウムに行ってきました♪

沖縄にある美ら海水族館からやってきた魚がいる施設なんですが、たくさんの魚たちが気持ちよさそうに泳ぐ様子に思わずうっとり…。

中は涼しいので、暑い夏をここで過ごすのにもぴったりです^^

周りには子どもたちもたくさんいたんですが、楽しそうな声が聞こえて、こっちまで元気になりました!

可愛い女の子と彼氏が楽しそうにデートしている姿もあって、ちょっとほほえましかったです♪

 

さて、可愛い女の子たちが読んでいる有名雑誌といえば、みなさん何を浮かべますか?

いろんな雑誌が思い浮かぶかもしれませんが、今回はその中から「non・no(ノンノ)」をご紹介します!

 

そもそも「non・no」ってどういう意味かご存知ですか?

実は、アイヌ語で「花」という意味があるんですよ!

女の子はみんな花のように可愛らしいもの…そんな想いから付けられたのかもしれませんね。

 

創刊されたのは、今から約35年前の1971年。

集英社より発売している雑誌で、現在は毎月20日に発売されています。

姉妹雑誌に男性向けのMEN’S NON-NOがあり、こちらは1986年に創刊されました。

 

そんなnon・noのテーマはカジュアル・ガーリー。

10代後半から20代の女性をターゲットにしており、オシャレを目指す大学生などから支持されている雑誌です。

流行のファッションも敏感にキャッチ。

最近流行りの“ゆめかわ”ファッションを取り上げているなど、「可愛い」を追求する女の子にとって有益な情報がたくさん詰まっています♪

non・noでトレンドをチェックしながら、ガーリー系女子を目指しましょう☆

 

いかがでしたか?

他にも、気になる雑誌がある方は、ぜひTOSHOまでご相談ください!

ご登録やアパレル求人に関する情報も、いつでも受け付けております♪

WEBo^
2016年8月1日
content_bottom
WEB登録
ページの先頭へ