アパレル、ファッション販売の募集、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録

TOSHOブログ

content_bg

元気に明るく!実は重要な販売員の電話対応

電話対応

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

暑い日が続いていますが、皆さん体調はいかがですか?

私はこのところ夏バテ気味だったのですが、先日、実家の母と久しぶりに電話で話をして、なんだか元気になっちゃいました。

電話越しでも親しい人の元気な声を聞けると、安心したり、こちらも元気になったりするものですよね。

 

さて、販売員の皆さんも日々、家族や友人など親しい人と電話でコミュニケーションをとることがあるかと思いますが、仕事でも電話を利用することが多くあるのではないでしょうか?

日々の業務の中で、お客様や本社、系列店と電話で連絡をとることもあるでしょう。

そのような中で、皆さんは自分の電話対応に自信がありますか?

接客は得意だけど電話になると上手く話せない…、苦手意識があるから電話に出ることを躊躇してしまう…、そんな悩みを抱えた販売員さんもいるかもしれませんね。

そこで今回は、アパレル販売員にも重要な電話対応の基本を教えちゃいます!

 

電話対応の基本として、重要なポイントが3つあります。

・明るいトーンで話す

・ゆっくり、はっきり話す

・数字や名前(商品名)などは復唱するなどして、間違えないよう気配りする

 

まず、明るいトーンで話すことは、電話対応の基本中の基本といわれています。

接客など対面で会話をしている場合は、相手の印象を表情と声で総合的に判断します。

しかし、電話は相手の表情を見ることができないため、声のみで判断します。

会話での印象を数字で表したとき、対面なら笑顔60点+声のトーン40点で100点満点を得られたとしても、電話の場合は声の点数しか得られないため、少しでも声の点数を上げて印象を良くする必要があるのです。

地声の高い、低いはありますが、電話で話すときは普段より声のトーンを上げるように意識すると良いでしょう。

 

そして、ゆっくりはっきりと話すのは、相手に聞き取りやすくするためです。

ただでさえ電話越しの声は、直接の声と比べて聞き取りにくいもの。

早口で話してしまっては聞き間違えが起きてしまいかねません。

電話は相手の顔が見えないため、相手の表情から用件が伝わっているかなどの判断もできないものです。

用件が相手にきちんと伝わっているか確認しながら、ゆっくりはっきり話すように心がけましょう。

 

最後に、聞き間違いが起こりやすい数字や名前はゆっくりと復唱して、誤りがないことを確認しましょう。

本社や系列店との在庫の確認や、お客様への入荷の連絡など、電話でやりとりした数字や名前に間違いがあっては、後にトラブルになりかねません。

相手がきちんとメモを取れているか、自分のメモに間違いがないか、復唱して確認をするようにしましょう。

 

電話対応の基本にはそれぞれ意味があります。

その意味をきちんと理解すれば、電話の対応も上達するはずですよ。

 

いかがでしたか?

TOSHOでは電話での気配りもできる販売員を応援しています。

ご希望の方は個別に研修も行っていますから

ご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

 

WEBo^
2015年7月31日
content_bottom content_bg

一日に何度も着替えるカリスマ店員の試着販売

試着販売

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

毎日のように暑い日が続いていますね。

皆さんはもう夏のイベントに参加されましたか?

私は浴衣を新調したいと思っているのですが、なんと、銀座の百貨店で浴衣のバーチャル試着ができるという情報をゲットしました!

なんでも、実際に販売されている商品が写真になっていて、好みの写真を選択すると、モニターにその商品を着た自分の姿が表示されるんだとか。

浴衣の試着は時間がかかってしまうから敬遠しがちですが、これなら手軽に試着が楽しめますよね。

私も次のお休みに行ってみようと思います♪

 

さて、試着といえば、アパレル販売員の皆さんにとって馴染み深いものですよね。

日々お客様に試着をすすめたり、そこから購入に繋がるよう接客したりと奮闘していることでしょう。

しかし、試着はなにもお客様だけが行うことではありません。

今回はアパレル販売員が行う試着についてお話しましょう。

 

90年代半ばから、ファッションに関心のある女の子達の憧れの存在であるカリスマ店員。

実は彼女達は一日に何度も服を着替えているのをご存知ですか?

カリスマ店員が着ている服は瞬く間に売れるといわれており、彼女達は時間帯や店の売れ行きなどに応じて、一日に何度も着替えをしているのです。

 

この方法は「試着販売」と呼ばれており、お客様の購買意欲の向上に効果的で、売上アップにも繋がるといわれています。

売れ行きの鈍い商品でも、カリスマ店員がカッコよく着こなしていればお客様も思わず欲しくなってしまうということですね。

試着販売はカリスマ店員に限らず、アパレル販売員であればどなたでも活用できます。

お客様にとっても、ハンガーやマネキンでディスプレイされている商品より、実際に動いている販売員が着ている商品の方が着丈や着用感をイメージしやすいのです。

これを利用して、売りたいと思っている商品を店頭で着てみましょう。

 

例えば、時間帯ごと、主婦のお客様が多い昼間は動きやすいカジュアルな商品、OLのお客様が多い夕方はキレイめな商品など、着替えるのも有効ですよ。

 

今の季節なら、昼間の暑い時間帯は売れ筋の夏物を、夕方の涼しい時間帯には、入荷したばかりの秋物を試着販売してみるのも良いかもしれませんね。

もちろん、ただ試着するだけでなく、きちんと商品説明できるように下調べもしておきましょうね。

 

いかがでしたか?

TOSHOではお客様からも憧れる素敵な販売員を応援しています。

ご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

 

WEBo^
2015年7月24日
content_bottom content_bg

靴販売の接客方法

シューズ

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

夏らしい気温が続いていますね。

照りつけるような暑さに、通勤中も汗をかいてしまうほど。

そんな暑さに負けないよう、気分を上げるために通勤用のシューズを夏仕様にしてみました。

新しく買ったオープントゥのパンプスと、ストラップデザインのサンダルで今年の夏を乗り切りたいと思います!

 

さて、お洒落は足元から、なんて言われているように、靴はファッションの中で重要な役割を持っています。

皆さんが働いているアパレル販売店でも、靴を扱っているのではないでしょうか?

シーズンにあわせて、様々な靴を揃えていることかと思います。

しかし、靴の売り方がわからない…お客様の接客方法がわからない、と悩んでいる販売員さんもいるかもしれませんね。

そこで今回は、靴の売り方テクニックを教えちゃいます!

 

靴もセット売りがオススメ

靴をお客様にすすめるテクニックは、ずばり「セット売り」を意識すること。

アパレル販売店において、靴のみをお客様にすすめるのはなかなか難しいものです。

「靴は靴屋で買うから…」なんて断られてしまうこともあるかもしれませんね。

しかし、服を買いにきたお客様に、選んだ服にあわせた靴をすすめてあげると、服と靴をセットで購入していただけることが多くあるのです。

 

では、靴をセット売りするテクニックですが、試着室から出てきたお客様に、まず靴を履いていただく方法が有効的でしょう。

試着した服にあわせた靴を履いていただき、靴もコーディネートのひとつとして取り入れてもらうのです。

実際にシューズを履いていただくことで、「このシューズも可愛いですね」、「試着した服にあいそうな靴は持っていないから、靴も欲しいかも…」とお客様からお話があるかもしれません。

すると、靴をすすめやすい流れができ、自然な流れで「じゃあ、シューズもください」とお客様が考え購入に繋がるでしょう。

 

このテクニックを成功させるポイントは、お客様が試着をしている間に、迅速に行動すること。

まず、お客様が試着をするために脱いだ靴を確認し、サイズを把握しましょう。

初めからお客様のサイズにあった靴を選んだ方が、「このままもらいます」という流れになり購入に繋がりやすいのです。

そして、お客様が選んだ服をきちんと把握し、その服のテイストにあった靴を選ぶこと。

お客様が試着室から出てくる前に用意できるよう、スピーディーに探しましょう。

用意した靴を履いていただく際は、押し売りにならないことに注意し、さりげなく準備しておきましょう。

「お似合いになると思って持ってまいりました」などの声をかけると良いですね。

 

いかがでしたか?

TOSHOでは靴にもこだわる販売員を応援しています。

シューズ販売の求人も多数取り扱っていますから

ご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

WEBo^
2015年7月17日
content_bottom content_bg

子供服の接客のコツは最適なサイジングのお手伝いから

子供服

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

不安定な天気が続いていますね。

雨が続くと、つい出かけるのが億劫になったり、憂鬱な気分になったりしてしまうものです。

ところが、通勤時に見かける子ども達は、カラフルな傘をくるくると回したり、水たまりで遊んだりと、雨の日でもとっても楽しそう。

思わず「子どもは無邪気でいいなぁ…」なんて思ってしまいました。

 

さて、そんな子供達ですが、最近はお洒落な子がたくさんいますよね。

子供服も可愛らしいデザインのものが多く、大人顔負けのコーディネートをしている子もいます。

そんな子ども服に興味を持って、子ども服のお店で働いている販売員さんや、働きたいと思っている販売員さんも多くいるのではないでしょうか?

しかし、そう思っても子ども服販売のイメージがつかない場合もあるかもしれませんね。

そこで今回は、子供服接客のコツを教えちゃいます!

 

子供服の販売で重要なことは、最適なサイジングのお手伝いをすることです。

子ども服は大人の服に比べ、サイズが豊富にあり、年齢を目安にサイズを設定しています。

実際にお客様も「2ヶ月の子なんですが、どのサイズになりますか?」や「5歳になる姪なんですが…」のように、年齢を目安に買い物されることが多くあるはず。

基本として、年齢や月齢の大よその身長や体重を覚えておきましょう。

とはいえ、成長には個人差があるため、最終的にはお客様との会話の中でサイズを決めることが大切です。

「姪にプレゼントしたいのだけど、遠くに住んでいて一度も会ったことがない…」といったお客様には、目安より大きめのものをおすすめしましょう。

サイズが小さい場合は着ることができませんが、大きい場合は成長にあわせて着られるようになるためです。

 

子供服の特徴をしっかり頭に入れておくこと

また、子供服売り場における販売の特徴として、肌が弱い赤ちゃんや、窮屈な服が苦手な子、自分の好きな色の服しか着ない子など、大人の服を販売するのとは違う条件があげられます。

そのため、素材を調べたり、ストレッチの効きや首周りの開き具合、ボタンの位置などを確認したりするなど、商品の特徴をしっかり観察しておきましょう。

そうすれば接客もスムーズにいくはずです。

声かけに困ったら、お子様連れのお客様には「よろしければご試着いかがですか?」、

お子様連れでない場合は、「おいくつのお子様ですか?」などから入ると良いかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

TOSHOでは子ども服販売の求人も多数取り扱っています。

ご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

WEBo^
2015年7月9日
content_bottom content_bg

販売員が知っておきたい、バッグやアクセサリーなど小物の上手なすすめ方

バッグ

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

なんだか不安定な天気が続いていますね。

とはいえ、7月に入り、夏の訪れを感じるようになりました。

夏になると、気になってしまうのが紫外線ですよね。

そこで早速、日傘を買いに行ってきました。

今まではカジュアルなデザインの日傘を使っていたのですが、通勤用にシックなデザインの日傘が欲しかったんですよね。

理想のデザインの日傘が見つかり、暑い日の通勤も楽しくなりそうです♪

 

さて、夏になると欲しくなってしまう小物といえば、日傘の他に、帽子や日よけ用のストール、サンダルなどがありますね。

バッグも籠やビニール製の夏らしいデザインのものが増え、皆さんの働くお店にも、様々な夏用の小物が増えていることでしょう。

では、皆さんはこのような小物達を、お客様に上手におすすめできていますか?

服はすすめられるけれど、小物は苦手……と思っている販売員さんもいるのではないでしょうか?

そこで今回は、バッグやアクセサリーなど小物の上手なすすめ方を紹介いたします!

 

小物とセットで販売する方法

まずは、服を選んでいるお客様に、小物をセットでおすすめする方法から。

この方法は、小物を単品ですすめるよりも、アプローチしやすい方法かもしれません。

単純に、お客様が手に取った服と合う小物をおすすめすれば良いのです。

例えば、仕事帰りのOLさんが、リゾート向きのマキシワンピを見ているとします。

このとき、OLさんの持っているバッグは通勤用のフォーマルなデザインのもの、靴はシンプルなパンプス、アクセサリーはしていないとして…

マキシワンピと通勤用のバッグでは、コーディネートが合わないのはわかりますよね。

そこで、「バッグは他にどのようなものをお持ちですか?リゾート用のバッグをお探しでしたら…」や「お休みの日はアクセサリーをつけますか?リゾート用なら大ぶりのデザインが…」など、お客様が想像しやすいように具体例を出したうえで、トータルコーディネートを提案してあげましょう。

 

そして、服は見ずに小物だけを見ているお客様には。

どのような小物を探しているのか、普段どのような小物を使っているのか、具体的に聞き出しましょう。

例えば、お客様がシンプルで華奢なアクセサリーをしていて、そういったデザインが好きそうに見えたとしても、実際にお客様が探しているのはリゾート用の華やかなアクセサリーということもあり得るのです。

お客様がなにを欲しているのか、きちんと理解するようにしましょう。

 

いかがでしたか?

TOSHOでは小物のコーディネートにもこだわる販売員を応援しています。

ご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

 

 

WEBo^
2015年7月8日
content_bottom
WEB登録
ページの先頭へ