アパレル、ファッション販売の募集、求人、派遣、人材紹介 東商

HOME登録場所

電話で登録予約 WEB登録

TOSHOブログ

content_bg

接客にも安心!アパレル店員に相応しいネイルはこれで決まり!

 

アパレル店員ネイル

 

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

だいぶ暖かくなってきましたね。

販売員の皆様も、春服のチェックには力を入れているのではないでしょうか?

店頭でマネキンの役割も担っている販売員にとって、コーディネートは気合いが入るもの。

服はもちろん、コーディネートにあわせてメイクやネイルも工夫をしたり、楽しんだりしていることでしょう。

 

特に手元はお客様の視界に入ることも多く、指先までお洒落したいと考えている販売員さんも多いかもしれませんね。

最近ではネイルアートを楽しむ女性も増え、お洒落な女性にとって爪にマニキュアを塗るのは、もはや当たり前といってもいいほどになりました。

しかし、ネイルアートを好まない方がいるのも事実です。

そうなると、ネイルを楽しみたいと思っても、どんなネイルが良いのか、そもそもアパレル店員はネイルをしていいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、アパレル販売員に相応しいネイルについてご紹介します!

 

長いネイルはNG

どんなネイルが良いか選ぶとき、まずはお店のイメージを考えましょう。

ナチュラル系のアパレルを扱っているのならネイルもナチュラルに、ロックやパンク系なら赤や黒のマニキュアを…と、お店のテイストにあわせてみるといいですね。

お店で扱っている服とネイルのコーディネートがあっているか考えるようにしましょう。

 

アパレル店員がつける短いネイル

ネイルの長さは、基本的には短い方が良いでしょう。

アパレル販売員は手先を使うことが多くあります。

商品を畳むときや、入荷した商品が詰まった重いダンボール箱を運ぶときなどは、長いネイルでは邪魔になってしまうこともあるかもしれません。

ネイルが商品に引っ掛かってしまったり、レジが打ちづらかったりすることも考えられます。

同様に、ラインストーンや3Dアートなどをあしらったネイルも商品を傷つけてしまう恐れがあるため控えた方が良さそうです。

 

短いネイルの楽しみ方

短いネイルでも充分にお洒落は楽しめます。

単色のネイルでは物足りないと感じる場合は、フレンチネイルやグラデーションネイルにするのも良いでしょう。

また、アパレルブランドによっては、コスメラインでマニキュアを取り扱っている場合もあります。

勤務先で販売しているマニキュアがあれば、店員がつけることでお客様にもおすすめしやすくなりますよ。

いずれも、マニキュアが禿げてみっともなくならないよう、きちんと手入れをして清潔感のある指先を心がけましょう。

 

いかがでしたか?

TOSHOでは販売員のファッション相談も承ります。

ご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

WEBo^
2015年3月20日
content_bottom content_bg

バランスが重要!失礼にならないフレンドリーな接客術

フレンドリーな接客

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

日々の仕事に励んでいると、やっぱり疲れを感じてしまうときがありますよね。

そんなときに甘いものを食べるとほっとしませんか?

そう思って、先日、職場の皆にシュークリームを差し入れしました。

京橋には有名なスイーツショップがあり、特にシュークリームがとっても美味しくてお気に入りです♪

サクサクのシューに、ずっしりつまったバニラ風味のカスタードクリーム……食べると幸せな気分になれちゃいます。

TOSHOからもすぐ近いので、皆様も寄ってみてはいかがですか?

手土産や差し入れにもぴったりなシュークリーム、おすすめですよ☆

 

フレンドリーな接客術とは

さて、出会いと別れの季節ともいわれる今の時期は、なにかと対人関係の悩みも増えるものです。

アパレル販売員にとっての対人関係の悩みといえば……やはりお客様との距離ではないでしょうか?

お客様に緊張感や圧迫感を与えないよう、フレンドリーな接客をしたいけれど、かえって失礼になってしまったらどうしよう?とお悩みのアパレル販売員さんもいるかもしれませんね。

そこで今回は、失礼にならないフレンドリーな接客術をご紹介します!

 

接客をしようと声をかけたけれど、お客様に逃げられてしまったことはありませんか?

そのときお客様はどのように感じていたのでしょうか……もしかしたら、声をかけてきた販売員を疎ましく思ったのかもしれないし、押し売りされるのではないかと警戒してしまったのかもしれません。

では、どうすればお客様に逃げられず、喜んでもらえる接客ができるのでしょうか?

 

「売りたい」を前面に出す接客はNG

気をつけたいことは、「売りたい」気持ちをチラつかせないこと。

商品を売りたいのは販売員にとって当然のことですが、お客様にとっては、その気持ちが見え見えの接客は受けたくないものなのです。

お客様が不快に感じてしまう販売員の態度としては、やけによそよそしいことが考えられます。

「かわいいですよね~、ご試着いかがですか?」「よくお似合いです~」など、マニュアルじみた言葉はつい使ってしまいがちですが、お客様は販売員のその言葉に実感がこもっていないように感じたり、お世辞を言われているように感じたりするものです。

どのお客様に対しても同じようなことを言っている販売員には親近感もわかず、信じ難く

感じてしまうのでしょう。

フレンドリーな接客

結局自然に出てきた言葉がお客様に刺さる

お客様に不快感を与えず、かつ、親近感を抱いてもらう接客をするには、気を遣いすぎず不自然によそよそしくしないことです。

お客様の気分を良くさせようと「すごくお似合いですよ~☆」とわざとらしく言うより、

「あ、お客様のその感じ、私も好きです」など自然に出てきた言葉を伝えるようにしましょう。

 

もちろんお客様には様々な方がいますから、気を遣われたい方もいらっしゃいます。

しかし、マナーを守ったうえでコミュニケーションを楽しむことは接客の醍醐味ではないでしょうか?

バランスを考えながら接客できるといいですね。

 

いかがでしたか?

TOSHOでは接客に悩んでいる販売員を応援しています。

ご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

 

気に入ったアパレルのお仕事が見つからない場合はまず当社にWEBからご登録ください。一度どのようなお仕事が合いそうか一緒に考えましょう!

WEB登録はこちら

 

WEBo^
2015年3月14日
content_bottom content_bg

TOSHOは「職業紹介優良事業者」として認定されました!

職業紹介優良事業者認定マーク

おはようございます!

本日はうれしいご報告です。
TOSHOは「職業紹介優良事業者」として認定されました!

この認定は厚生労働省の委託事業として進められているもので、適正な業務運営と経営改善努力を行い、一定の基準をみたした事業者を優良認定する国の事業です。

この優良認定に甘んじることなく、
これからも皆さまのお仕事探しのお役に立てるよう努力してまいります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

【職業紹介優良事業者認定制度についてはコチラ】
http://www.yuryoshokai.info/

WEBo^
2015年3月12日
content_bottom content_bg

店員がむやみに話しかけるのはNG!話すお客様を見極めよう

春物

こんにちは!

アパレル業界に関するお仕事紹介や、悩み疑問解決をお手伝いするTOSHOブログです♪

 

3月になってだいぶ暖かくなりましたね。

春になると食べたくなるものといえば……季節のフルーツ、苺!

デパ地下やコンビニでも苺のスイーツが目立つようになりました。

そこで私が気になっているのが、銀座の有名フルーツパーラーが経営するカフェの苺パフェです。

お値段はちょっと高めかもしれませんが、こだわりの苺と、その苺で作ったソースと自家製アイスクリームのパフェ……食べてみたいですよね。

皆様もTOSHOにお越しの際に寄ってみてはいかがですか?

頑張っている自分に美味しいパフェのご褒美もいいですよね♪

 

話しかけるお客様を見極めよう

さて、アパレル販売店でも春物が並び、お客様にもお気に入りの商品を見つけていただきたいこの季節。ここで一度、接客について見直してみるのはいかがでしょうか?

必死に声出しをした冬のセールも終わり、今は少しゆっくりと接客ができるようになったはず。

とはいえ、来店されたお客様に店員がむやみに話しけるのはマナー的にNGです!

過剰な接客を苦手に思うお客様もいますし、ひとりでじっくり買い物を楽しみたいお客様もいます。

接客で失敗しないために、まずは話しかけるお客様を見極めましょう。

 

来店されたお客様の中に、店内をしばらくウロウロしているけれど、なかなか商品を手に取らないお客様はいませんか?

そのようなお客様を見ると、つい「見ているだけかな……冷やかしかな……」と思ってしまうかもしれませんが、実は、このようなお客様にこそ話しかけるべきなのです。

 

長期間店内にいるお客様は何か困っている可能性が高い

なかなか商品を手に取らないお客様でも、長時間店内にいる場合は何か困っていることがあるのかもしれません。

季節にあった新しい服が欲しいと思っても、自分に似合う服がわからない……自分から試着するのは勇気がいるし、そもそもどの服を試したらいいのかわからない……なんて悩んでいるのかもしれませんね。

そのようなお客様を放っておいてしまうと、結局なにを手に取ったらいいのかわからずにお店を出てしまうこともあるでしょう。

春物2

そこで、困っていそうなお客様を見かけたらこちらから声をかけるようにしましょう。

お客様の悩みを聞いて、安心して買い物を楽しんでいただけるようにすると良いですね。

話しかける言葉としては、「なにかお探しですか?」「欲しい服のイメージはありますか?」などが良いでしょう。

自分に似合う服がわからないというお客様には、好みを聞いてみるのも良いですね。

スカート姿のお客様には「普段もスカートをお穿きですか?スカートがお好きでしたら…」など。

物腰やわらかく、親身になってアドバイスすることを心がけてくださいね。

 

いかがでしたか?

TOSHOではお客様想いの販売員さん、店員さんを応援しています。

ご登録、転職についてもお気軽にご相談くださいね♪

気に入ったお仕事が見つからない場合はまず当社にWEBからご登録ください。一度どのようなお仕事が合いそうか一緒に考えましょう!

WEB登録はこちら

 

 

 

WEBo^
2015年3月8日
content_bottom
WEB登録
ページの先頭へ